「自立させる」は間違っている

dd78775f5fefd5ab703bf3fb19b8ee3e_s「自立」の勘違い

「自立」という言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか。

自分で何でもできること。自分の足で立って歩くこと。自分で自分を律せられること。まぁ、ざっとこんな感じではないでしょうか?

たとえば、赤ちゃんであれば「おむつが取れること」「お着替えができるようになること」

小学生であれば「明日の用意ができること」「忘れ物をしなくなること」などが思い浮かびます。

これ、間違っているわけではありませんが、でも、ちょっと「自立」という言葉への誤解があるように思います。

「自立」の奥にあるもの

私見ですが、「自立」とは、自分で何でもできるようになることではないと思います。

「〇〇できるようになる」は、あくまでも自立した結果として起きる現象であり、表層的なものにすぎません。じゃ、自立とはなにか?

私は「自分で自分の人生を生きている感覚を持つ」ことが自立だと思っています。

自分の人生が自分のものであること。だから、自分自身を大切にしたくなる。そして、自分のやりたいことをやれるように本人が動いていく。その結果として、いろんなことが自分でできるようになる、それが本当の「自立」だと思います。

子どもが自立するためには

だから、なんでも「自分でやりなさい」といって、手を貸さないようにしても、それが即自立につながるとは限りません。

そもそも「自立させよう」と思うこと自体に無理があります。なぜなら、自立は自分から「する」ものであって、「させる」ものではないからです。

本来、子どもはしかるべき時期が来れば勝手に自立すると思います。だから、親が意識して、無理に自立を促す必要はないのです。

ただ、親が自分の価値観を押しつけたり、必要以上に指示したり、あるいは子どもの先回りをして手を出してしまうと、自立は遅れるかもしれません。「自分が自分の意志で生きている」という感覚を子どもが持ちづらくなるからです。

子どもと対等に接する

子どもが自立するために必要なのは、他者とは違う「自分」という存在があることを自覚することです。そのためには、親がまず、子どもは自分とは違う一個の人間であることを認め、対等な関係で接することが大切だと思います。

どんなに年齢が低くても、子どもは自分の意志を持っています。いや、年齢が低いほど強い意志を持っているかもしれません。とにかく、その意志を尊重することです。

子どもの意志を否定して、親がなんでも命令してしまうと、子どもの中で「自分=親」の一体化が進み、子どもの自立は遅れます。

逆に、常に対等に接していれば、子どもは「親は自分とは別の人間」だと思うようになります。自分の外に親という他者が存在していることを知ることで、子どもは「自分」の存在に目が向くようになるのです。

対等とはどういうことか?

「でも、子どもがわがままを言ったらどうするの? それでも子どもの意志を認めろというの?」

子どもとの対等性を口にすると、よくこのように反論されます。でも、考えてみてください。子どものわがままを許すのは、決して対等な関係ではないでしょう。どちらかの意志が一方的に通るような状況は、対等ではなく、どちらかが相手を支配している関係です。

対等な関係を保つためには、子どもの主張を「わがまま」と決めつけないことが大切です。まずは相手の言葉に耳を傾けましょう。もしかするとその主張の裏側には正当な理由があるかもしれません。

そして、もうひとつ大切なのは、親自身も自分の意見を主張することです。命令や指示ではありません。あくまでも一個の人間として、「自分はあなたにこうしてほしい」と理由を言って主張するのです。

子どもを一人の人間として認め、相手の意見に耳を傾ける。そしてまた、親も一人の人間として、自分の意見を主張する。この相互の対等な関係を続けるうちに、子どもは親を自分の外にある「他者」として認めるようになり、自分の中に親とは違う「自己」があることに気づいていくのです。つまり、それが自立というものです。

その結果、子どもは自己の利益につながることを自ら進んでやるようになっていきます。これが真の「自立」なのだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中